日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

てんとう虫のような車が今なら570万円超!スバル360の魅力。

自動車

てんとう虫のような車が今なら570万円超!スバル360の魅力。
SportArb

懐かしCM 1967 スバル360新登場!

1958年(昭和33年)、私が生まれる2年前です。スバル360はスタンダードが365,000円、デラックスは390,000円の価格だったようです。
当時の学卒初任給は13,467円。1万円台ですよ。今の大卒初任給なら約20万円。20倍であります。
スタンダードの車両価格を基準にして、単純に計算すると名目賃金の27.1ヶ月分に相当しますので、5,733,330円になります。
なんと高価な価格になります。
確か私の叔父がこのスバル360に乗っていました。職業は、大学教授。この位のクラスの方でないと乗れない車だったのでしょうね。

1958年(S33年)36.5万円
2,995mm×1,300mm×1,300mm 2ドアセダン 定員4人

スバル360が登場した1958年は、米国初の人工衛星エクスプローラ1号が打ち上げられ、関門トンネルが開通し、東京タワーが竣工し、新一万円札が登場した年です。

また、この年は、ホンダ・スーパーカブ、日清チキンラーメン、アサヒから日本初の缶ビールが発売されました。
今上天皇がご婚約を発表されて、ミッチーブームが起こり、長嶋茂雄選手がデビューして川上哲治選手が引退した年です。

出典 http://car-moby.jp

スバル360人気の理由!

スバル360は1958年(昭和33年)に発売されました。日本独自の軽自動車規格を採用した自動車の先駆けとして、大人気となりました。

戦後間もない頃、日本の一般庶民にとって自家用車など夢のような存在。しかし、スバルは庶民でも購入できるような低価格の自動車の開発を目指します。そして旧中島飛行機(今の富士重工業)が飛行機開発の技術を応用してスバル360を製造することとなりました。

スバル360は低価格の自家用車として、家族を乗せて運転することが想定されています。そのため大人が4人乗れること、まだ完全に補装されていない日本の道路を走行出来ることが実現できるように設計されました。
このように家庭用に乗用車をパッケージングし、低価格で販売したことがスバル360が人気となった理由でしょう。

出典 http://car-moby.jp

てんとう虫 スバル360開発の秘話! 「庶民の為のクルマをつくろう」その一言だった!

「大切な家族と思い出を作りたい」こんな思いが、このスバル360を作り上げた人々の思いでありました。

スバル360 ツィッターまとめ!

このような、車関連のまとめ記事が簡単にできます。
あなたのビジネスにきっと役に立ちます。

★ビットコインを預けるだけ月収100万を確実に稼ぐ方法は、こちらから【必見です】

★確実にお金を増やしたい方への確実なご案内。

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • SportArb
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ