日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

トヨタ「ハリアー」の人気理由は、コストパフォーマンスの高さ!

自動車

トヨタ「ハリアー」の人気理由は、コストパフォーマンスの高さ!
SportArb

昨年末に発売されたトヨタ自動車の新型SUV「C-HR」が人気を呼んでいます。
発売1カ月後の1月14日時点で、受注台数は約5万台に達したという事です。
日本自動車販売協会連合会の統計によると、約半月しか販売していなかった
昨年12月の新車乗用車車名別販売ランキングで4654台の15位にランクイン。
今月はベスト10圏内入りが確実と言われ、その人気の高さについて調べてみました。

ワイルド・バット・フォーマル!

テレビCMがとても印象的でした。
タキシードを着たライオンがハリアーを駆って仕事をスマートにこなし、
女性をエスコートするシーンは、プレミアムSUVのキャラクターを的確に表現していました。
まさに「ワイルド・バット・フォーマル」のキャッチコピーとするハリアーを記憶に残る1台になっていましたね。

3代目となる現行ハリアーが登場したのは2013年。
2016年の販売台数は4万1403台と前年比3割減ながら、
車名別ランキングの22位に食い込見ました。
登場から4年経っていることを考えれば、人気はさほど落ちていないと言えます。
なぜハリアーはここまで支持を受けているのか。
最大の理由はやはり、コストパフォーマンスの高さでしょう!

初代ハリアーは他のSUVを大きくリード!

出典 http://toyota.jp

多くのSUVは、オフロード走行を念頭に置き、頑丈なラダーフレームに粘り強さが身上の
商用車用エンジンを積むという成り立ちが多かったようですが、ハリアーは3年前に発表された「RAV4」に続き、
同クラスの前輪駆動セダンのプラットフォームやパワートレインが用いられていたそうです。

ハリアーは3.3リットルのV型6気筒!

ハリアーの先進性を強調したのが、2代目に用意されたハイブリッド車でした。
トヨタでは「プリウス」「エスティマ」「クラウン」などに続く導入でしたが、
当時のプリウスが1.5リットルという車格相応の排気量のエンジンを用いていたのに対し、
ハリアーは3.3リットルのV型6気筒という、ガソリン車の上級仕様に匹敵する大きなエンジンに
モーターを組み合わせ、圧倒的な高性能と低燃費を両立した車となっていました。

日本専用車として独自の道を歩ませた現行3代目ハリアー!

出典 http://toyota.jp

トヨタらしいのは、国内専用車となったことに合わせて、ボディを日本に最適化したことでした。
具体的には全長、全幅、全高すべてを先代の2代目よりややサイズダウン。
ガソリン前輪駆動車の最小回転半径は2代目から0.4メートルも小さな5.3メートルに留め、
エンジンもすべて4気筒として、ガソリン車は2リットル、ハイブリッド車は2.5リットルに縮小しました。

スマートなスタイリングに造形美のインパネ!

また、ウインドーを大きく倒したスマートなスタイリングに立体的な造形のインパネなど、先進と高級を感じさせるハリアーらしいデザインは受け継がれ、もちろんエントリーモデルの価格は約280万円とお客様のハートをとらえることとなり、根強い人気となっている物と思われます。

こんな可愛いこと出掛けちゃオー! ドライブ美人 葵ゆりかさん。

ハリアー人気の秘密! ツィッターまとめ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • SportArb
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ